IR被覆鉄線 建設技術審査証明

公的機関により「鉄線籠型護岸の設計・施工基準(案)」(平成21年4月河川局治水課事務連絡)に規定される性能に満足することを証明して頂きました。

技術の概要

平成27年4月建設技術審査証明協議会会員一般財団法人 土木研究センター(PWRC)

「IR被覆鉄線」は、JIS G 3547 に適合する2.6mm、3.2mm、4.0mmおよび5.0mmの亜鉛めっき鉄線(H)3種に接着性樹脂を塗布し、アイオノマー樹脂を被覆した線材であり、「鉄線籠型護岸の設計・施工技術基準(案)」の被覆鉄線の適用条件である1河川水が強い酸性を示す区間、2河川水の塩水濃度が高い区間、3河岸等が腐植土で構成されている区間においても、強度、耐久性(耐候性・耐酸性・耐塩性・耐薬品性・耐磨耗性など)、均質性、環境 適合性に優れ、必要な摩擦抵抗を有したアイオノマー樹脂被覆鉄線である。
IR被覆鉄線の構造

技術の特徴

「IR被覆鉄線」* の仕様

合成樹脂の種類 アイオノマー樹脂(金属イオン架橋ポリエチレン系樹脂)
呼び(被覆線径-心線径)
32-26 40-32 50-40 60-50
被覆線径(mm) 3.20
±0.08
4.00
±0.08
5.00
±0.10
6.00
±0.10
心線径(mm) 2.60
±0.07
3.20
±0.07
4.00
±0.08
5.00
±0.09
最小被膜厚さ(mm) 0.20以上 0.27以上 0.34以上 0.34以上
引張強さ(N/mmイ) 590~880 540~830 390~780 390~780
破断強さ(N) 3,140~
4,660
4,350~
6,670
4,900~
9,790
7,660~
15,300
亜鉛付着量(g/mイ) 120以上 135以上 155以上 155以上

*JIS G 3543の試験に合格した被覆線である。

施工手順

施行手順写真(例)

  • 1.吸出し防止材の敷設
  • 2.本体の組立
  • 3.石詰め工程
  • 4.石詰め完了
  • 5.蓋網の設置
  • 6.覆土工程

審査証明の結果

  1. (1)母材の健全性

    めっき溶脱後の母材鉄線の表面写真により、母材の鉄線に傷がないことが確認された。

  2. (2)強度

    線材の引張試験により、線材は390N/mmイ以上の引張強さを有することが確認された。

  3. (3)耐久性

    同種の基準に準拠した耐候性試験等により、強い酸性を示す区間、塩分濃度が高い区間、腐植土で構成されている区間において、30年間程度の耐久性を有するものと判断された。

  4. (4)環境適合性

    環境適合性試験により、生態系を阻害するような有害物質を溶出しないことが確認された。

  5. (5)耐燃焼性

    たき火試験により、たき火等により被覆材の燃焼が広がらないことが確認された。

  6. (6)摩擦抵抗

    磨耗試験及び摩擦試験により作業中及び供用中(30年間)における水辺の安全な利用の ために必要な滑りにくさを有することが確認された。

技術の適用範囲・用途

鉄線籠型護岸用被覆鉄線「IR被覆鉄線」は、下記の適用範囲において適用可能です。

  • ・河川水が淡水の区間
  • ・温泉地などで河川水が強い酸性を示す区間
  • ・河口付近などで河川水が塩分濃度の高い区間
  • ・堆積した腐植土で構成されている区間
  • 温泉の流入する河川の適用例
  • 河口付近の塩分濃度の高い区間の
    適用例
  • 施工後堆積した腐植土で覆われた
    箇所の適用例

審査証明有効期間

平成27年4月19日〜平成32年4月18日

お問い合わせはこちら

IRワイヤの強さの秘密

ページトップへ