実証データ#01 塩水噴霧試験

試験方法

JIS Z 2371に準ずる。

試験条件

温度:35℃
5% NaCl 水溶液

試験結果

IRワイヤの変化は見られない。一方、3種めっき、合金めっきに錆が400時間で発生。着色塗装も肉厚が薄いとビンホールが出来やすく、ビンホールから錆が発生することがある。

塩水噴霧試験 線材比較

経過時間 IR被覆線
(茶色)
IR被覆線
(透明)
着色塗装亜鉛
めっき鉄線
亜鉛めっき鉄線
(3種)
亜鉛アルミ合金
めっき鉄線
(10%アルミ)
0時間
400時間
800時間
1200時間
1600時間
2000時間

IR被覆線とめっき線の詳細比較はこちら
塩水噴霧試験 結果報告書(PDF)

塩水噴霧試験 接着・無接着の比較

無接着被覆線の場合、全体に白錆が発生。特にキズ無しは空気の逃げ場がないためか、所々赤錆まで発生している。対して接着線は、キズのある箇所と端部に白錆が認められる、水と空気を遮断するため全体に広がっていない。
※促進暴露試験ハンドブック(腐-32)より240時間が1年に相当する。

  0時間(2003.12.12開始) 10,000時間(2005.5.16終了)
左端 中央部 右端 写真全体
無接着被覆線 1キズ無し
1キズ無し無接着被覆線
2キズ有り無接着被覆線
3キズ無し接着被覆線
4キズ有り接着被覆線
2キズ有り
接着被覆線 3キズ無し
4キズ有り

IRワイヤの強さの秘密

ページトップへ