実証データ#04 耐硫酸性・耐塩酸性・耐硫化性試験

試験方法

下記条件で試料を腐食液に浸漬させ(浸漬長さ、約8cm)表面状態を比較した。

試験条件

時間:72時間
温度:30℃
腐食液:硫酸(12.5%、30℃)、塩酸(17.5%、20℃)、温泉水(草津温泉、60℃)

試験結果

薬品浸漬試験結果:硫酸、塩酸、温泉水への浸漬による外観の変化はなし。

試料名 硫酸(約12.5%) 塩酸(約17.5%) 温泉水(草津温泉)
特殊ポリエチレン被覆線
○:外観の変化なし

○:外観の変化なし

○:外観の変化なし
亜鉛めっき鉄線(4種)
×:全面黒色変化

×: 全面赤サビ発生

×: 全面亜鉛溶落
(一部分に白サビ発生)
着色塗装亜鉛めっき鉄線
×:全面樹脂はく離
(心線赤サビ発生)

×:樹脂大部分はく離
(心線赤サビ発生)

×:樹脂表面侵食
(下部より赤サビ浮上)

IRワイヤの強さの秘密

ページトップへ