実証データ#06 砂落とし磨耗試験

試験方法

JIS H 8503めっき磨耗試験方法
7.砂落とし磨耗試験準拠

試験条件

試験装置イメージ図試験片を鉛直方向と45度になるように試験台に固定。
試験片に研削材を落下させ、試験片の重量変化により砂磨耗量を求めた。

試験結果

亜鉛めっき鉄線に比べ磨耗率が約18倍優れていた。

項目 内容
試験方法 JIS H 8503 めっきの磨耗試験方法
7.砂落し磨耗試験方法に準ずる
研削材の種類 研削材の種類JIS R 6111
規定の炭化けい素質研削材 C#36
研削材の粒度分布 425~850μm
研削材の落下量 研削材の落下量200kg
試験片の種類 特殊ポリエチレン被覆線φ6mm(φ4mm)、亜鉛めっき鉄線(S)3種φ6mm
試験片の形状 直線状で長さ約75mmのもの
試験片の数 試験片毎に6個

IRワイヤの強さの秘密

ページトップへ