実証データ#09 耐寒衝撃性試験

試験方法

JIS K 7110に準拠(ノッチ入り)
測定項目:IZOD衝撃試験

試験条件

試料名:1. アイオノマー樹脂(IR)=低密度ポリエチレン
2. HDPE樹脂(A)=高密度ポリエチレン
3. HDPE樹脂(B)=高密度ポリエチレン
 測定温度:23℃、0℃、-10℃

試験条件図

試験結果

HDPE樹脂と比較して、アイオノマー(IR)樹脂は温度による衝撃強度の差はありません。
寒冷地に於いても性能に変化はありません。(自社製品比較)

単位:KJ/m2

  23℃ 0℃ -10℃
アイオノマー樹脂 58 59 59
HDPE樹脂(A) 33 25 8
HDPE樹脂(B) 4 4 3

(例)40KJ/m2の衝撃値は、1m2の底辺を持つ4tの物体が1mの高さから1m2の面積に落ちた時の衝撃に相当する。

IRワイヤの強さの秘密

ページトップへ