光るワイヤ

ワイヤが光を蓄えて自ら発光。

特長

  • ワイヤに光源を照射することで光が蓄えられ、光源を取り除くとワイヤは自ら発光し、経済的に消失する。
  • 耐候性に優れているため、光源を照射→蓄光→発光→消光のサイクルを長時間保持することができる。
  • ワイヤのため、形状を自在に加工することができる。取り付けが簡単にできるため多方面への利用が可能。

光るワイヤの光源と照射時間

光源 明るさ(LUX) 時間(分)
太陽光 晴天 50,000 以上 5
太陽光 曇天 3,000~50,000 5
日没 直後 1,000 10
蛍光灯(オフィス) 500 15
蛍光灯(家庭) 200 30
白熱灯(60W)1m の距離 30~50 40
  • ※蛍光灯 40 ワットで 1~1.15m位の距離で照射した場合はほぼ 500 ルクス。
  • ※最も効率があるのは太陽光で、紫外線ランプ、蛍光灯、ハロゲン灯などの放電灯も十分に効果がある。
    また光源の強さや光源からの距離、照射する時間の長さにより、残光の明るさが異なる。

用途例

  • 装飾品

  • 安全治具

その他のおすすめページ

商品情報

ページトップへ