実証データ#02 耐候性試験

試験方法

JIS A 1415 高分子系建築材料の実験室光源による暴露試験方法に準ずる。

試験条件

促進暴露試験装置(WS-A)にて12,000時間照射する。(屋外暴露60年に相当)

試験結果

めっき部分は若干の変色を認めるが(無色透明)、低密度ポリエチレン被覆部分は12,000時間変化なし。
※「IR被覆鉄線」建設技術審査証明より、200時間が1年に相当するため、60年程度の耐候性を有する。

経過時間 IR被覆線
(ダークブラウン)
IR被覆線
(無色透明)
0時間
12,000時間

[ 参考試料 ]

経過時間 IR被覆線(ダークブラウン) 塩化ビニル被覆鉄線
0時間
2000時間 変化なし 表面がざらつきツヤがなくなる
3000時間 変化なし 焼けた色が薄くなりはじめる

IRワイヤの強さの秘密

ページトップへ